発明王エジソン展で竹をピカピカ

娘1の教育のため北九州イノベーションギャラリーで開催中の発明王エジソン展に行く。雨の中9時前到着、ん。悪天候と朝一を差し引いても人いない。日曜なのに10時ぐらいまで2人の貸切で見ることができた。もったいない。。。。。
概要紹介によると、なんと所蔵はバンダイさんですよ。
「技術的に優れているだけでは、優れた発明ではない。需要者が求める技術が優れた発明なのだ。有効性と持った発明を創り出さなければならない」
企業家らしい考えが分かる製品群。娘と同じくらいの歳に伝記を読んだ覚えがあるが、電球普及のため発電所が必要と強化セメント、ベニヤ板なども開発(発明)しているとは知らなかった。
製品(発明品)はもちろん、ポスターやパッケージデザインのコンセプトにも魅かれて図録を購入する。収集家ヘンリー幸田氏「パッケージ・デザインや広告類に見る斬新的な感覚は、新たな時代のコマーシャリズムを先取りしている点で見逃すことができません。」の解説も納得。
本当は技術系サラリーマンだった私が見たかった。加えて、私が勤める会社の人間は見ないといけないだろうョ。6月21日まで。
LEDのピカピカは家でできるが、竹の電球のピカピカはここでしかできないだろう。