のぼりたて

従兄弟の子供の鯉のぼりを立てに行く。2ヶ月ほど前に倒して皮を剥いた杉を運び出す。父親は一人で運ばされようとするが、さずがに無理。ユニークを借りていたので楽に立てることができた。
住宅地の中では、空が広く感じられ、一際目立つ。本当に「屋根より高いこいのぼり」となった。