kuriharaのブログ

ゴルフと電子工作と山での暮らし。ありもの使い、ないもの作り。

FILCO HAKUA Tenkeyless のキーキャップを変えてみた。

FILCO HAKUAの白色に赤は映えるのでは?とキャップを変えてみました。
ん~結構派手になってしまいましたが、Amazonで買った赤いキーキャップもいい感じです。

その他のカスタマイズは、スペースキーの逆刺し。
実際にやってみると親指で角をスリスリする手遊び*1をしなくなりました。

f:id:kurihara:20210502143156j:plain
f:id:kurihara:20210502141344j:plain

買ったキーキャップは、OEMプロファイルのABS、ダブルショットです。
800円程度でプチカスタマイズを楽しめます。(プロファイル違い注意)

FILCO キャップのスタビライザー用の「白いやつ」(部品)は、固いものもありましたが、接着されていませんでした。プーラーのキースイッチ抜き(平らな方)で引っかけて抜けました。

*1:私の地方の方言では手まぜという

嘉瀬川リバーサイドゴルフ場が再開した。

2019年の豪雨で冠水、閉鎖していた嘉瀬川リバーサイドゴルフ場が再開した。

毎年のように被害を受ける仮設橋(鉄骨)が沈下橋に架け替えられて、橋が低くなった分コンクリートの坂道ができていた。(手引きカートでは結構足にくる。)

土日は1番ホールをパー3に変更して、110ヤードに人口芝のティーインググランドが新設されていた。

1番ホールは220ヤードぐらいでフェアウエイが狭くなっていて、プレイング4待ちで混んでいたので、折り返しと合わせて2回のスタートホールでの待ち時間緩和にいい選択と思う。

8番ホールは、難しい奥のグリーンを使っていた。

以前は午後からのハーフランドできていたのが、今は午前中だけのスタートとなって予約が取りにくいみたい。
起き抜けに予約なしで回れるのが良かったのだけれど、閉鎖にならかかっただけ良しとしよう。

再開後も一人の枠が残っており、常連さん2方とラウンド。初めての方との緊張感もあってか?前半はいいゴルフができた。後半はチーピンやトップが出だしていつものゴルフ。

上流 9番ティーインググランドからグリーンへ

下流 5番ホールから6番ホールへ

kurihara.hatenadiary.jp

www.saga-s.co.jp

左右分離型キーボードMistel Barocco MD650L 分解と修理(1)

元々収集癖があって気に入ったツールは、予備品や保守部品を集めてしまいます。

分離型キーボードのお気に入りMistel Barocco MD650LはCherryの薄型スイッチMLを使っていて、他のキーボードにはあまり使われていません。そのためか?最初から予備のMLスイッチが1個入っています。

保守交換用のMLスイッチの海外通販を悩んでいると、幸いにもジャンクということで手ごろな値段で出品されていたので本体ごと買ってしまいました。
ジャンクの理由は左側のmicroUSBコネクタがもげているためでした。

左側を分解

他のBaroccoの分解を参考に、ケースの六角ネジとキャップ下のプラスネジを外すだけで簡単に分解できました。
www.smart-max.jp

基板の部品は、面実装タイプのICやダイオードをリフロー、MLスイッチをフロー、コネクタを手付けしています。
f:id:kurihara:20210418191539j:plain

基板のmicroUSB部分

microUSBは基板のスルーホールに差し込むタイプのコネクタで丈夫なはずなのですが、肝心なスルーホールのところにハンダが入っていません。
CN5のシルク文字の周囲GNDの真ん中にハンダが盛り上がっています。
このハンダでコネクタが浮いている状態でハンダ付けしたのかな?
周りにフラックスの跡も見えないし、クリームハンダにコネクタを乗せて、浮いている状態でリフロー?

裸眼で見る限りUSBのラインのランドは、剥がれていないように見えます。
これならハンダを付け直すだけで修理できそうです。

f:id:kurihara:20210418191558j:plain

ついでに部品の記録

コントローラはHOLTEK HT32F1654で32-bit ARM® Cortex™-M3 Microcontrollerみたいです。
f:id:kurihara:20210418191623j:plain

TMKB ゲーミングキーボードのキャップを交換してみた。

キーボードの必要なキーを絞っていくのって結構大変ですね。
カーソルキー付のほうが現在の作業効率を落とさないみたいなので、TMKB DK63を改めて使ってみます。

f:id:kurihara:20210328123853j:plain

TMKB DK63 の感想

元々、光るキーボードに興味はなくて、他の機能が欲しくて買ったDK63なのですが、RGBのチカチカはありと思います。ディスク上のイルミネーションとしても十分和めます。合わせて買っていたキーキャップを使わないで使っていたほどです。*1

キースイッチは、Amazonに残っていたOUTEMU 青軸です。どちらかというとクイック感があったほうが好きなのでいい感じです。交互に打ち比べないとCherryMXの青軸との差は感じません。
音は、ケースや構造のせいかもしれませんが、正直カチャカチャとうるさいです。職場へは持って行かないようにします。

配列は「/?」キーが右端のEnterの下にあって独特ですね。使っているとDELキーも欲しくなります。

Happy Balls 60% PBTキーキャップ

キーキャップを変えると印象が変わりますね。思っていたより明るい色でちょっとチープな感じになりました。
1.75uの右シフトキーや1uのAlt、FNキーも入っています。
ブルショットの光をとおすタイプではないので、チカチカの魅力は半減します。

参考用にスペースキーの裏側

f:id:kurihara:20210328123953j:plain

*1:まだ文字部分は変えていない

にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 PC家電ブログへ