kuriharaのブログ

ゴルフと電子工作と山での暮らし。ありもの使い、ないもの作り。

M5Stack自作キーボードAZ-M5orthoが動きました

AZ-M5orthoは、よっぴさん設計のM5Stack搭載の自作キーボードです。

先日のM5Stack Japan Creativity Contest 2021の入賞作品で、早速キット化、販売されています。

感想

AZ-M5orthoは、マトリクス用のダイオードがない設計で、ハンダ付けが難しい表面実装部品が予めハンダ付けされています。

チカチカが不要であれば、キースイッチ用のソケットのハンダ付けだけで済みます。

私は、チカチカしたいのとハンダ付けの時間で癒されたいのでLEDを付けました。

作業時間は、ハンダ、組立、インストールなどビルドガイドに従い2時間ほどでできました。

f:id:kurihara:20211016184504j:plain

AZ-M5orthoは、Bluetooth接続できて、M5Stackのタッチパネルでマウス操作ができます。

特に面白いのは、詳細設定をM5StackのWebサーバでできるところでしょう。

ファームウェアは、Version 0.0.1 ですから今後のアップデートが楽しみです。

チカチカとカチカチ

チカチカを楽しむためにCherryMXのRGBスイッチと透明のキーキャップを使った結果です。

これでも輝度は落としています。(^^;

カチカチのスイッチCherry MX RGB 青軸なんか重く感じるようになりました。

キーキャップが軽いからでしょうか?

https://www.cherrymx.de/_Resources/Persistent/82e048237373b7ff396b8f766abeaa21f116a942/GIF_MXRGB_Blue.gif
メーカ Cherryのサイトから引用

記念撮影

同じ嗜好発見 2021-10-18 追記

akiba-pc.watch.impress.co.jp

マッドホワイト PiPi Gherkin 組立てました

自作キーボードPiPi Gherkinをアクリル積層ケースに入れました。

ケース自体は、9月23日に届いていたのですが、M2×18のネジ待ちでやっと組立できました。

f:id:kurihara:20211010170408j:plain

アクリルプレート マッドホワイト PiPi Gherkin

今回は、Outemu Low profileで1mmほど高さを稼いだので、コード側のMicroオスもケースに干渉しません。
コードを加工しなくても挿せます。

f:id:kurihara:20211010171353j:plain

Walnut MDF plate Pro Micro Gherkin

Walnut MDF plateのケースは、TALPさんのキットどおりにPro MicroのGherkinに入替ました。

f:id:kurihara:20211010171356j:plain

PCB plate PiPi Gherkin

昨日の2段スペーサーの PiPi Gherkin

f:id:kurihara:20211009192434j:plain

構造の違い

3つのケースとコントローラのコネクタの違いを並べてみます。

f:id:kurihara:20211010171351j:plain

記念撮影

TALP さんのケースデータ(無料) Gherkin
Keyboard: PiPi Gherkin
Keycap: SA Profile ABS Double injection
Switch: Outemu Low profile switch Blue



talpkeyboard.net
talpkeyboard.net
talpkeyboard.net
talpkeyboard.net
talpkeyboard.net
talpkeyboard.net

計算間違いでスペーサーを重ねる

自作キーボードGherkinのトッププレートとボトムプレートを手に入れたので、空間を作るためのスペーサーを発注していました。

今日、届いたスペーサーで組み立てると短い!USB Microコネクタがボトムプレートに当たって組立てできない。

絵を描けばいいのに暗算で注文するからこうなりますよね。

さらに4mmのスペーサーを重ねて、組立ました。

f:id:kurihara:20211009192434j:plain

来年もコレクトのマンスリーダイアリーA4 30穴を使います。

毎年のことですが、コレクトのマンスリーダイアリーA4 30穴を購入しました。
基本的にルーズリーフが好きです。

ALLPCB基板サイズ 201mm×64mm 白 無料でした

自作キーボードGherkinの底板(Bottom plate)が無料で作れました。

f:id:kurihara:20211002112026j:plain

ALLPCBの無料サイズ制限は150mm×100mmとホーム(ページ)に書いてありますが、よく見るとこれは基板市場の参考価格みたいです。

www.allpcb.com

サリチル酸さんのDiscordに長辺160mmのKleine Gherkinが無料で焼けたという情報があがり、詳細ページを確かめてみると面積制限になっていました。

www.allpcb.com

長辺が150mm以上でも無料となると基板試作のハードル下がる!と早速試してみました。

ただ、オリジナルの基板データを持っていないので、公開されているデータを使わせてもらいました。

以前からデータをダウンロードしていたGherkinのBottom plateのサイズを入れて、見積もると確かに無料!DHL配送も無料!!
ガーバーデータを上げて発注しました。(9月最後の週末だったので1回得した感じ)

発注画面

f:id:kurihara:20210930214628p:plain

サイズ

Gherkin Bottom plateサイズは、正確には201.2mm×64.3mmです。


工程進捗

9月26日9:25にオーダーして27日21:41に発送のメール
ページを開く度に数工程終わっています。 

f:id:kurihara:20210930214728p:plain

到着

9月26日(土曜日)9:25のオーダーから約1週間、10月2日(土曜日)11:00頃に到着しました。
1週間でプリント基板が上がってくるなんて、、、世の中の変化についていけてません。

配送の履歴をみると大阪では5日、福岡市街地では6日で到着しそうです。

最近のニュースを読むと中国では電力事情が悪くなっているそうですね。
近いうちに課金発注するので、このサービスを続けて欲しいと思います。

クーポンのルールが変わりました 2021-10-12 追記

おまけ

ネットの情報どおり、私の発注でも無料枠の5枚発注に対して6枚入っていました。

6枚もボトムプレートだけ持っていても仕方ないので、この記事を読んで頂いた方へ、お互いに匿名で配布できるメルカリを使って配布します。
私は儲ける必要ないのですが、メルカリの市場価格と転売のメリットがない価格で出品しています。必要な方は「Gherkin」で探してください。

にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 PC家電ブログへ