kuriharaのブログ

ゴルフと電子工作と山での暮らし。ありもの使い、ないもの作り。

FILCO Majestouch を分解、Cherry MX 青軸スイッチを交換してみた

メルカリで買ったFKB108MC/NB 日本語配列かな表記レス版の「O」キーが時々取りこぼすので分解、修理してみました。

FILCO Majestouch を分解する

分解は下の動画を参考にネジ3本、爪4カ所を外すだけで簡単です。


FILCO Majestouch (マジェスタッチ) を分解・修理してみた(repair)

参考用に爪の形状です。

f:id:kurihara:20210227154214j:plain f:id:kurihara:20210227154315j:plain

ケースを外すと片面のプリント基板が出てきます。最近はジャンパ線を使った基板も減ってきましたね。

f:id:kurihara:20210227154218j:plain

マイコンは Holtek Semiconductor Inc の HT82K94E です。
データシートには「USB Multimedia Keyboard Encoder 8-Bit MCU」と書いてあり、キーボード専用のICです。
SSOPの手ハンダ上手いですね。(プロですからあたりまえ)

f:id:kurihara:20210227154221j:plain

pdf1.alldatasheet.jp

ハンダを外す

プリント基板にキーのシルク印刷文字が入っているのでわかりやすく、キーを間違うことはないと思います。チャタリングの原因がハンダクラックだったという情報もありましたが、綺麗なハンダ面で問題はありません。
片面基板なので、ハンダも楽に取り除けます。最近のFILCO Majestouchは、両面のスルーホール基板らしいので、スイッチの交換など改造を楽しむなら古いモデルをお勧めします。

f:id:kurihara:20210227154227j:plain f:id:kurihara:20210227154224j:plain

Cherry MX click tactileキー 青軸スイッチを分解する

凄い金型を使って樹脂成形をしています。バリがありません。

電極が酸化しているようにみえますが、取りこぼしの原因はわかりません。
スイッチON時の抵抗を測っておけば良かったですね。

f:id:kurihara:20210227165250j:plain

んん!!!! よく見ると接点の部分に繊維が見えます。これが接点に挟まって接触を妨げていたのですね。
一般的なスイッチでよくある不良でした。

f:id:kurihara:20210227171013j:plain

参考情報

キーボード用のブラシはダイソーの豚毛の髭剃り用を流用しています。
ケースの嵌め合わせを外しには樹脂製のヘラが便利です。接着剤に付いてきたヘラを流用しています。

f:id:kurihara:20210227173058j:plain

www.itmedia.co.jp

にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 PC家電ブログへ